• カレンダーのアイコン LINE予約
  • 電話のアイコン 03-4283-7807

寝違えでお悩みの方へ

  寝違えでよくあるお悩み

  • 首を寝違えた
    ようだ

  • 寝違えか
    どうか確信が
    持てない

  • 寝違えはどう
    したらいいのか

  • 予防策に
    ついても知って
    おきたい

つらい寝違えを防止する方法について

「寝違え」を起こしたことのある人は、決して少なくはありません。比較的よく知られたものであり、

時に強い痛みを私たちにもたらすものです。

文字通り「首が回らない状態」に悩まされたことのある人もいることでしょう。

 

今回はこの寝違えに注目し、

「そもそも寝違えとは何が原因で起こるのか」「寝違えてしまったときはどうすればよいのか」

「寝違えを起こさないためにはどのような予防策を講じればよいのか」について取り上げて解説していきます。

寝違えでお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

姿勢や寝室環境、日中の生活に原因あり

つらい「寝違え」は、文字通り、「眠っている起きるものであり、朝起きたときに首~肩にかけて痛みが走る状態」をいいます。

寝違えが起こる原因はいくつかありますが、一般的には、

・寝ているときの姿勢が悪い
・寝室環境がよくない
・日中の生活

によって起きるといわれています。

 

【寝違えの原因】

 

●寝ているときの姿勢が悪い

寝相が悪かったり、また寝返りが少なすぎたりすることで、寝違えが起こりやすくなります。

 

●寝室環境がよくない

「自分に合わない枕を使っている」「体が沈み込みすぎる寝具を使っている」などのようなことも、寝違えの原因となります。

 

●日中の生活

あまり知られていませんが、日中の生活も関係があります。
たとえば、普段はあまりしないスポーツや労働で身体が疲労していたり、重い物を持ち上げたりした夜には寝違えが起きる確率が高くなります。

 

【寝違えの症状】

 

寝違えが起きると、首~肩にかけて痛みが走ります。
「首を動かさなければ痛みはない」というケースもありますが、「痛みがひどくてまったく動かせない」という状態に悩まされることもあります。

なお、「ここまで気を付けていたけれど、寝違えになってしまった。病院に行くほどではないが、多少手当をしたい」という場合は、炎症を抑える薬を飲んだり、冷たい湿布を貼ったりすることも有効です。
ちなみに「寝違えはストレッチをしていないことが原因なのだから、ストレッチをすれば改善する」と考えるのは間違いです。
たしかにストレッチは寝違えの予防策になり得ますが、一度寝違えた後にストレッチをすると悪化する可能性も高いからです。

一般的に、寝違えはそのまま放置しておいても数時間~数日も経てば痛みは軽減していきます。しばらくすればほとんど気にならなくなることが多いといえるでしょう。
「痛みはそれほど強くないし、放置しておいたら治った」という場合は、それほど深刻にとらえる必要はありません。

しかし、「痛みが非常に強くて動けない、あるいは動かすと激痛が走る」「痛みがまったく消えない」「首だけでなく、腕や足などにもしびれがみられる」などの場合は、病院に行くようにしてください。

寝違えの予防策も知っておきたい

寝違えは、一度起きてしまうと非常につらいものですよね。
そのため、事前にしっかりと予防策を講じる必要があります。

 

【寝違え予防策】

 

●ソファなどでは寝ない、必ず寝室で眠るようにする

「眠る用途に使用されることを想定されていない場所」で寝てしまうと、どうしても姿勢が悪くなり、寝違えが起きる確率が高くなります。
たとえば、「疲れて帰ってきたのでベッドに上がれずに、ソファで寝た」「酔っぱらって床で寝てしまっていた」などのような場合は、ベッドで寝ていたときに比べて、寝違えを起こす確率は高くなります。
寝相を100パーセントコントロールすることはできませんが、「寝る場所」は自分で選べます。

 

●運動不足を解消する

運動不足を解消し、筋肉をしっかりほぐしておくと寝違えは起きにくくなります。
特に、「日中同じ姿勢をずっととっている」という人は、折りをみてストレッチなどを行うようにしてください。
これによって筋肉の疲労を防ぐことができ、結果的に寝違えも起きにくくなります。

 

●自分に合った寝室環境を整える

枕や寝具は、人によって合う・合わないが異なるものです。
そのため、これらを見直し、自分に合った寝室環境を整えることも重要です。

特に「枕」は、寝違えと深く関係するキーワードです。

現在は自分の眠る姿勢に合わせて枕を作ってくれるオーダーメイド枕の販売もありますから、これを頼るのも良いでしょう。

また、布団は柔らかければ柔らかいほど良い、というものではありません。
寝違えは「体が布団に沈み込みすぎること」でも起きます。
このため、ある程度の硬さがあった方が快適な眠りになることもあります。

 

また、繰り返しにはなりますが、

・痛みが非常に強い
・しばらく時間をおいても痛みが改善しない
・首~肩以外にも、手足にしびれなどがみられる

という場合は、早めに専門機関(病院や、柔道整骨師がいる施設など)に受診するようにしてください。
「寝違えだと思っていたけれど、別の病気が隠れていた」などのような可能性も否定しきれないからです。

著者 Writer

著者画像
院長:名前(かな)
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:高円寺わらく整骨院
住所〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-9-7 Felice高円寺
最寄:JR高円寺駅北口から徒歩2分
駐車場:なし(近隣コインパーキングをご利用ください)
                                 
受付時間
9:00〜
12:30
9:00~
15:00
-
15:00〜
20:00
- -
※祝日10:00~15:00 定休日:日曜

【公式】高円寺わらく整骨院 公式SNSアカウント 高円寺わらく整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺わらく整骨院 公式SNSアカウント 高円寺わらく整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺わらく整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中