• カレンダーのアイコン LINE予約
  • 電話のアイコン 03-4283-7807

四十肩・五十肩でお悩みの方へ

  四十肩・五十肩でよくあるお悩み

  • 肩の痛みが
    慢性化している

  • 昔はなかった痛みが出てきた

  • 四十肩・五十肩は治すべき?

  • 四十肩・五十肩の対策を知りたい

加齢に伴う「四十肩・五十肩」の悩みと対策

「四十肩・五十肩」に悩まされる人は、それほど少なくはありません。

 

肩に痛みが出たり、関節がスムーズに動かなくなったりするもので、

若いときにはあまり感じなかった不便さを感じさせるものです。

 

なお、「四十肩・五十肩」とされますが、これは「40代で出れば四十肩、50代で出れば五十肩」

であり、この2つには明確な症状の違いはありません。

 

今回は、「四十肩・五十肩の原因」「四十肩・五十肩の症状」「四十肩・五十肩の対策」

について解説していきます。

四十肩・五十肩でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩の原因は未解明な部分も

「四十肩・五十肩」は、年齢を重ねた人を悩ませるものです。
比較的多くの人が悩んでいるものでもあります。
「子どものころ、親父が四十肩・五十肩に悩んでいたけれど、自分も悩まされる年になったか……」と、感慨深い思いを抱く方もいるかもしれませんね。

 

【四十肩・五十肩の原因】

 

この四十肩・五十肩の原因は、

「加齢によって、関節液(滑液とも呼ばれる。関節を維持・保護するために活躍する液体のこと)や筋肉、腱などが変化すること」「血液の循環が悪化すること」

だといわれています。

ただ、その原因は完全には解明されていません。
非常に多くの人が悩まされている症状でありながら、まだ研究途上の病気だといえます。

 

【四十肩・五十肩が起こるメカニズム】

 

四十肩・五十肩が起きるメカニズムは、次の通りです。

1.加齢によって、血液の循環が悪化する
2.肩の組織に炎症が起きる
3.炎症が痛みや腫れをもたらす
4.これによって肩が動かしにくくなったり、肩に痛みが走ったりするようになる

 

【四十肩・五十肩の症状】

 

四十肩・五十肩を患うと、まず初めに「痛み」が出てきます。
四十肩・五十肩は多くの場合、何の前触れもなく起きます。
また、両肩に起きるのではなく、片側の肩だけに生じることが多いといえます。
このときの痛みはひどく、しびれを伴うこともあります。

ただこの痛みは、それほど長続きはしません。
炎症によってもたらされるこの痛みは、多くの場合、数日程度で収まります。

ただ四十肩・五十肩の場合、「数日で収まったから、もう元通り」とはいきません。
痛みが治まると、今度は鈍痛へと変わり、少しずつ「肩を動かすことのできる範囲」が狭まっていきます。

肩を上げたり、後ろに回したりといったことができなくなっていくのです。
このときに、「動かすと痛いから」という理由で放置しておくと、今度は組織がくっついていってしまいます。
その結果、さらに肩の可動域は狭くなります。

なお、四十肩・五十肩と肩こりは、似ているようで違うものです。
四十肩・五十肩は炎症によって痛みが生じるものですが、肩こりは筋肉の疲労によって起きるものです。
そのため、この2つは、出てくる症状は似ていても区別されます。

四十肩・五十肩の予防と対処法について

では、このような四十肩・五十肩に悩まされている人はどのような対策をとればよいのでしょうか。
これは大きく2つに分けられます。

1 すでに四十肩・五十肩が出ている場合の対処法
2 四十肩・五十肩が起きないように予防する方法

それぞれ見ていきましょう。

 

【すでに四十肩・五十肩が出ている場合の対処法】

 

一口に「四十肩・五十肩が出ている場合の対処法」といっても、「現在の状態がどうなのか」によって対処方法は変わってきます。

 

●急性期

激しい痛みが出ているときです。この時期は無理をしてはいけません。
三角巾などを使用して、できるだけ患部を動かさないようにしましょう。
また患部が熱を持っているのならば、氷などを使って冷やします。
適宜鎮痛剤や炎症を抑える薬も利用してもいいでしょう。

 

●慢性期

鈍い痛みに変わっていく時期で、可動域が狭くなっていく時期です。
この時期は1年ほど続くこともありますから、少しずつ動かしていくことも必要になります。
入浴をしたり蒸しタオルを使ったりして肩を温めましょう。
血行を良くするためのストレッチも有効ですが、痛みがひどいときのストレッチや、痛みが出るようなストレッチは控えましょう。

 

●回復期

きちんと対処していれば、徐々に肩も動くようになってきます。
回復期には主にリハビリを行います。ストレッチなどを生活に取り込みましょう。

 

なお、「四十肩・五十肩にはマッサージが良い」とされることもありますが、これは独断で行うのは危険です。
マッサージを行いたいのであれば、必ず専門家に相談してください。

 

【四十肩・五十肩を予防する方法】

 

四十肩・五十肩を予防するには、「軽い運動(ストレッチ)」が効果的です。

肩をすくめて戻す運動(ストレッチ)や、前後に10回ずつ回す運動(ストレッチ)などのような、いつでもできる簡単な運動(ストレッチ)を日々の生活のなかに取り入れましょう。
この運動(ストレッチ)は、継続して行うことが重要です。

 

なお、「痛みがひどくて日常生活に支障をきたす」「可動域が狭すぎて、日常生活が送りにくい」などのような悩みがあるのであれば、早めに専門機関に相談するようにしてください。
四十肩・五十肩は多くの人が悩むものでもありますから、早めに対処をしていきたいものですね。

著者 Writer

著者画像
院長:名前(かな)
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:高円寺わらく整骨院
住所〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-9-7 Felice高円寺
最寄:JR高円寺駅北口から徒歩2分
駐車場:なし(近隣コインパーキングをご利用ください)
                                 
受付時間
9:00〜
12:30
9:00~
15:00
-
15:00〜
20:00
- -
※祝日10:00~15:00 定休日:日曜

【公式】高円寺わらく整骨院 公式SNSアカウント 高円寺わらく整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺わらく整骨院 公式SNSアカウント 高円寺わらく整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺わらく整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中