• カレンダーのアイコン LINE予約
  • 電話のアイコン 03-4283-7807

交通事故施術

当院に交通事故施術で
ご来院される方のお悩み

交通事故の怖さはいつ表れる?

「交通事故」は、だれもが被害者となり、まただれもが加害者となる可能性のあるものです。
交通事故には大きいものもあれば小さいものもあり、人的被害の表れ方もさまざまです。ただ、「交通事故が起きた直後は痛みを感じなかったけれど、処理がすべて終わってから痛みが出てきた」というケースはよくみられます。
交通事故の直後は興奮状態にあり、痛みを感じにくい状況になっています。また、交通事故で非常によく起こる「むちうち」は、後になってから痛みが出てくることがとても多いものなのです。

交通事故の直後に痛みが起きなくても、必ず医療機関に足を運ぶようにしましょう。
交通事故が起きて被害者となった場合(※任意保険に入っていれば、加害者でも対象となる)、保険から治療費や慰謝料が支払われますが、「交通事故によるケガであること」が認められなければこれも支払われません。医療機関で出される診断書がなければ人身事故として処理されませんから、保険金は非常に割安になってしまいます。

また、自分が加害者となった場合でも必ず医療機関へ行くように頼んでください。後になってもめる可能性があります。

交通事故で起こるむちうちとは

交通事故で起こる可能性が非常に高い「むちうち」は、「外傷性頸部症候群」「頸椎捻挫」「頭部挫傷」という正式名称があります。強い衝撃を首に受けたときに表れるもので、首|方の痛みが出たり、頭痛が起きたり、強い倦怠感や疲労感が出たりします。また、痛みが背中あたりにまで及んだり、吐き気やめまいが見られたりすることもあります。

むちうちの非常に大きな特徴として、「むちうちは交通事故の直後に起こるものばかりではない」という点が挙げられます。そのため、2日以上経ってからむちうちの症状が出てくる可能性もあるのです。
また、むちうちは、骨折や切り傷、擦過傷などとは異なり、見た目ではわからないことも非常に多いといえます。このため、加害者はもちろん被害者の方でも自分がむちうちになったことに気が付かないケースもあります。

加えてむちうちは、「治療期間がどれくらいかかるか」もなかなか読みにくいのが問題です。むちうちは後遺症になることもありますし、回復までの時間が長くかかることもあります。

むちうちは、非常によく起こる症状であるにも関わらず、非常に「難しい」けがだといえるのです。このため、加害者側のためにも被害者側のためにも、「外傷があるように見えなくても、医療機関にかかること」が重要となります。

なおむちうちは、どのような環境下であっても起こる可能性はありますが、シートベルトを正しく使うことによって起きるリスクを下げることができます。意識しておきましょう。

自賠責保険と任意保険

自分が被害者となってむちうちに悩まされた場合、そのときにかかった医療費などは保険から賄われます。このときに使われるのが、「加害者側の自賠責保険(あるいは任意保険)」です。

自賠責保険とは、自動車を所有する人間すべてに加入が義務付けられているものです。これは「被害者の救済」を目的としており、むちうちなどのケガの場合は120万円までの支払いをしてくれる保険です。対して任意保険は文字通り任意に加入するものであり、多くの場合、対人保障は無制限となっています。
自賠責ではまかないきれないほどの損害を与えてしまった場合は、この任意保険から支払いがなされます。なお、任意保険への加入率は約75パーセントといったところです。
ちなみに、自賠責保険で賄えるのはあくまで「被害者の治療費」だけです。自賠責保険では加害者のケガへの補償はありません。

治療費の支払いに関して見ていきましょう。交通事故後に医療機関に足を運んだ場合、保険会社から直接支払われることがあります。この場合、被害者側は窓口で支払いをする必要はありません。なお、被害者側が一時的に立て替えて支払う場合は、しっかり領収書をとっておきましょう。後で加害者側に請求するためです。

当院の施術の流れ Flow

  1. 交通事故が起きた、そのときに

    交通事故が起きた場合、まず真っ先にすべきは、「負傷者の救助」です。即時相手の状況と同乗者の状況、自分の状況を確認して、救急車を呼んでください。

    次に行うのは、道路上の危険を排除することです。必要と認められる場合は、二次被害を避けるために車を動かし、安全を確保してください。

    相手の状況や運転免許書を確認します。また、事故の目撃者がいるようならば、残ってもらい、証人となってくれるようにお願いします。

    またこれと並行して、警察や保険会社に連絡を行います。警察に連絡をして交通事故証明書を出してもらわなければ、人身事故にはならず、さまざまな請求ができなくなってしまうのでこの点には特に注意してください。

  2. 医療機関に行く、行くことを勧める

    「救急車を呼ぶほどではないし、だれもケガをしていない」と思われる状況であっても、必ず医療機関に行くようにしてください。自分が被害者となった場合はもちろんのこと、自分が加害者となった場合でも同様です。自分が加害者となった場合で、相手が「大したケガでもないので」と言ったとしても、「治療費はこちらで出しますから、医療機関に行ってください」と頼みましょう。
    上でも述べたように、むちうちは一見しただけではわかりません。またこの段階で医療機関にかかることで、起こりうるトラブルを未然に防ぐことができます。

  3. 医療機関での診察及び検査

    医療機関に足を運び、適切な治療を受けます。
    なおその場合、必ず診断書をもらうようにしてください。
    診断書があればケガの治療費を請求することができますし、慰謝料を請求することもできます。

  4. 医療機関からのアドバイスに従う

    治療を受けた後は、医療機関からのアドバイスに従い療養します。
    なお、事故処理に関しては保険会社に一任するのがもっとも安全です。自分が被害者の場合でも加害者の場合でも、直接相手とやり取りするのはあまり好ましくありません。
    金額面で折り合いがつかないなどの場合は、弁護士事務所の門をたたくことも検討してください。

  5. 医療機関からの同意書をご持参のうえ、整骨院へご来院ください

    まずは医療機関にかかっていただき、そのうえで、医療機関の同意書をご持参いただいて整骨院にご来院ください。整骨院では症状に応じて対応していきます。

  6. アフターフォロー

    整骨院では、むちうちのアフターフォローもしていけます。むちうちは後から痛みが出てくることも多いものですから、気になったことや痛みが治まらないなどの状態になったときは、いつでもすぐにご相談ください。

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:高円寺わらく整骨院
住所〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-9-7 Felice高円寺
最寄:JR高円寺駅北口から徒歩2分
駐車場:なし(近隣コインパーキングをご利用ください)
                                 
受付時間
9:00〜
12:30
9:00~
15:00
-
15:00〜
20:00
- -
※祝日10:00~15:00 定休日:日曜

【公式】高円寺わらく整骨院 公式SNSアカウント 高円寺わらく整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺わらく整骨院 公式SNSアカウント 高円寺わらく整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺わらく整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中